at-bcタイトル

AT-BCシステムは、既設排水処理施設の増設・改造に最適なシステムです

既存の設備を生かし最小の費用で「蘇生」します。

既設の問題点

  1. 1.曝気槽の処理能力不足。(処理水質の悪化)
  2. 2.増設計画が立案出来ない。(場所が無い)
  3. 3.臭気(悪臭)で困っている。
  4. 4.ランニングコストが高い。(使用電力料等)
  1. 5.引抜汚泥の処分費が高い。
  2. 6.窒素、燐の処理効果が不十分。
  3. 7.油脂分の処理で困っている。
  4. 8.その他

増設・改設フローシート

AT‐BC装置

接触体が網状構造の「立体回転装置」微生物の高濃度保持が可能で、酸素供給能力が大きいので微生物の増殖、活性化が促進される。したがって単位面積当たりの高負荷処理が可能で、従来の活性汚泥法や回転円板法と比較して設備費、維持管理費、設置スペースの減少が可能になる。

AT-BCシステムの特長(活性汚泥法の課題全面解消)

(1)設置面積
1/3~1/5(省スぺース)
(2)消費電力
1/3~1/4(省エネ)
(3)余剰汚泥
大幅削減・土壌改良剤として
農業分野で有効活用
(4)悪臭
排水処理施設全体から悪臭除去
(脱臭装置不要)
(5)窒素・燐
他の有機物と同時に好気処理
(6)油脂分
バチルス菌+油脂分解菌で処理
(加圧浮上装置不要)
(7)負荷変動
AT-BC装置(前段)で吸収、
曝気槽(後段)に影響なし
(維持管理が簡単)

新設排水処理施設の比較(対活性汚泥法)

AT-BCシステム

活性汚泥法にバチルス菌を高濃度に保持したAT-BC装置を組み入れた高性能処理システム。
【省エネ(C02削減)・省スペースシステム】

標準活性汚泥法

AT-BC system

  • AT-BC装置
    AT-BC装置
  • 網状接触体
    網状接触体

お問い合わせ・資料請求・お見積りはこちらから