直治薬品のご提案

安心と笑顔のためのレジオネラ対策は直治薬品にご相談下さい

レジオネラ対策は直治薬品にお任せ下さい

当社では大きな企業リスクとなりうるレジオネラ感染対策を行っております。
対象:温浴施設(スーパー銭湯)、フィットネスクラブ、老人福祉施設など循環ろ過系統をお持ちの施設様

レジオネラ感染者発生リスク

不特定多数のヒトが利用する温浴施設やフィットネスクラブ、免疫力の低下したお年寄り利用される老人福祉施設において、
レジオネラ感染症発生を防止することは重要な社会的使命です。

レジオネラ感染者発生リスク

■年度別レジオネラ症例数(人)

年度別レジオネラ症例数(人)

直治薬品では、設備・管理の両面から総合的にレジオネラ対策をご提案します

■ レジオネラリスクを明確化!

レジオネラ菌の現場調査

定期的に配管洗浄を行っている施設であっても、洗浄後の水質検査でレジオネラが検出されなければOKという形で終えてしまいがちですが、 これだけでは対処療法的で、レジオネラリスクの根本的な解決にはなっていません。

直治薬品では、独自の点検表をもとに現状の設備(水槽設備、滅菌器、循環装置など)や、 日常の管理がどのように行われているか現場調査を行い、問題点を総合的に診断します。

レジオネラ菌の発生源はあらゆる箇所に存在しますので、経験豊かな専門員の目でそれぞれの施設にひそむレジオネラリスクを明確にし、 施設の衛生管理を向上させる為に、改善方法を継続的にご提案します。

診断後のご提案例

■ 徹底した循環配管洗浄作業

塩素剤を常時投入しているので、「レジオネラ対策は大丈夫」と思われている方は多いのではないでしょうか。 実は塩素剤だけは発生源となる配管内のバイオフィルムを除去することは出来ません。これは高濃度塩素循環作業においても同様です。

直治薬品では、専用の薬剤を用いて徹底した循環配管洗浄作業の実施を行い、レジオネラの温床となるバイオフィルム(※)を除去します。
※バイオフィルム…微生物から分泌される粘性を帯びた付着物。レジオネラ菌の温床となります。

循環配管洗浄作業の流れ

各施設に合った衛生管理方法をご提案します

お問合わせ・資料請求・お見積りはこちらから