直治薬品株式会社

tel

mail

会社案内のアイコン

会社案内

COMPANY PROFILE

#

ご挨拶

当社は2002年10月1日、それまで現商号の直治産業株式会社が
経営していた化学工業薬品の製造販売部門を独立させ、設立しました。
以来、水処理、空気の浄化、土壌浄化など環境浄化に関わる化学工業薬品を
中心に事業を展開してきました。

これからも、益々強まる環境汚染浄化に対するニーズにお応えするため、
営業部、製造部、配送部、エンジニアリング事業部が一丸となり新商品の発掘、
開発に取り組んでいきます。

代表取締役社長

会社外観

会社概要

社名 直治薬品株式会社(NAOJI YAKUHIN CO.,LTD.)
住所 〒351-0033 埼玉県朝霞市浜崎1丁目2番20号
連絡先 Tel:048-476-3511(代) Fax:048-487-2829
設立 平成14年10月1日(直治産業より工業薬品の製造・販売部門を分社化)
資本金 8,000万円
代表者 代表取締役社長 金子 光男
従業員 35名
事業内容 化学工業薬品の製造及び販売
売上高 16億円(2020年4月決算時)
営業免許・資格 毒物劇物一般販売業
毒物劇物一般製造業
食品添加物製造業
医薬品販売業(卸売販売業)
ISO9001認証登録(製造部)
特定建設業/許可番号:埼玉県知事許可(特-28)第70113号
主要取引銀行 埼玉りそな銀行 朝霞支店
武蔵野銀行 朝霞支店
みずほ銀行 成増支店
三菱東京UFJ銀行 新座志木支店
関連会社 直治産業株式会社
創業 天保13年(1842年)
資本金 9,720万円

アクセス

工場所在地

第一工場(ISO9001認証工場)

所在地 〒351-0014
埼玉県朝霞市膝折町4-7-16
TEL 048-467-7032(代)
FAX 048-466-7710
設備 敷地面積:3,338㎡
苛性ソーダ自動希釈装置
純水製造装置
PSI製造装置
硫酸第一鉄液製造装置
次亜塩素酸ソーダ自動充填設備
検査室(自社製品検査)
倉庫・資材置き場(膝折町4-7-34 578㎡)

第二工場(ISO9001認証工場)

所在地 〒351-0014
埼玉県朝霞市膝折町1-12-20
TEL 048-467-7032(代)
FAX 048-466-7710
設備 敷地面積:1674㎡
硝酸カルシウム液製造装置
高品質尿素液製造装置
石灰乳製造装置

研究所

所在地 〒351-0014
埼玉県朝霞市膝折町3-1-55
TEL 048-485-1730(代)
設備 敷地面積:870㎡
分析室(水質分析)
試験室(凝集剤選定、排水処理デモ試験)
塩酸自動希釈装置
希塩酸充填設備

沿革

1969年(昭和44年)6月 「直次」という屋号で1843年(天保13年)より続いてきた事業を引き継いで、
埼玉県朝霞市に有限会社直次商事を資本金200万円にて設立。
1979年(昭和54年)8月 毒物・劇物一般販売業の登録をして、化学工業薬品の販売を始める。
1984年(昭和59年)11月 有限会社から株式会社へ組織を変更する。
1987年(昭和62年)11月 資本金を5,000万円に増資する。
1990年(平成2年)2月 初代取締役社長金子正五逝去により、金子光男が取締役社長に就任する。
1991年(平成3年)1月 毒物・劇物製造許可を得て、朝霞市膝折町に工場を設立し、
次亜塩素酸ソーダ・苛性ソーダ等のローリー配送、小分け製造を始める。
1993年(平成5年)7月 旧本社跡地に第二工場を建設し、石灰乳の製造を始める。
1996年(平成8年) 8月 資本金を7,000万円に増資する。
1997年(平成9年)12月 商号を直次商事株式会社から直治薬品株式会社に改める。
1998年(平成10年)4月 本社屋を現在地に建設し移転する。同時にコンピュータで社内ネットワークを構築する。
2000年(平成12年)9月 第二工場に溶解設備を完成する。
2002年(平成14年)10月 新たに直治薬品株式会社を資本金2,000万円で設立し、
化学工業薬品の事業を新会社に移転するとともに、
(旧)直治薬品株式会社の商号を直治産業株式会社に改める。
2005年(平成17年)3月 研究所を開設。
関東経済産業局より受託した「地域新生コンソーシアム研究開発事業」を実施。
2011年(平成23年)5月 資本金を5,000万円に増資する。
2015年(平成27年)10月 資本金を8,000万円に増資する。
2016年(平成28年)11月 特定建設業の許可を取得。排水処理設備の設置工事・増設工事事業を開始。

PAGETOP